【資料】米国BICより〜ベンゾジアゼピンテーパリング戦略とソリューション

    ベンゾジアゼピンテーパリング戦略とソリューション

    October 10, 2017

     

    https://www.benzoinfo.com/single-post/2017/10/09/Benzodiazepine-Tapering-Strategies-and-Solutions

     

     

    ベンゾジアゼピンは「抗不安薬」として知られており、スケジュールIV薬剤としてカテゴライズされています。2-4週間を超えて使用することは推奨されていないことから、ベンゾジアゼピンの処方には、同時に退薬ストラテジーも患者に提供しなければなりません。どんな退薬方法をとるにせよ、幸運にも処方ベンゾジアゼピンから難なく退薬できてしまう患者がいますが、一方で、どんなに退薬を望んでも精神的、肉体的離脱症状に衰弱していってしまう患者もいます。ベンゾジアゼピンは、ヘロインよりも離脱が難しいと言われています。いったいどの患者がほんの数週間でベンゾジアゼピンをやめることができるのか。それが不明である一方、明らかなことは、そう簡単にいかない患者は彼らの人生の数年をテーパリングに費やした結果、失敗してしまうこともある、ということです。医師や患者がテーパリングの適切な方法について知っていることは不可欠です。ここで述べられている方法は、ドクターによる臨床経験とベンゾジアゼピンテーパリングを成功裡にやり遂げた何千人もの生存者(ベンゾサバイバー)によって開発されました。

     

     

     

    一般的な方法

     

    一般的な方法のひとつは、錠剤を1週間に1/4毎に切って減らしていくよう患者に指示することである。この方法だと、患者は約4週間でほぼ服用量は0に近くなる。つまり約4週間で退薬できるわけだ。これを漸減と見る者もいるが、多くの経験豊富な研究者、医師、患者は、4週間のテーパリングはあまりにも速いと考えている。研究により、依存症の離脱症状はGABA受容体の変化が原因のひとつであることがわかっている。4週間は、これらの受容体(脳および身体の70%に存在する)が修復するのに十分な時間ではなく、患者にとっては耐えることができない症状を出現させる。事実、この急速な漸減は、ベンゾジアゼピンを長期服用した患者の少なくとも32〜42%に有効ではなく、90%が禁断症状を経験した。長期間にわたる離脱症候群を発症し、急速な漸減による発作障害さえも発症する例が数多くある。

    ゆっくりと徐々に投与量を減らすことが、18-24ヶ月またはそれ以上の期間続く重度の遷延性離脱症候群またはPAWS(Post-AcuteWithdrawalSyndrome)のリスクを軽減することができる。依存している患者は、ベンゾジアゼピンに対しても非常に感作され、投与量のわずかな変動でさえひどい苦痛を引き起こすことがある。均等に4等分カットできるようにデザインされていない錠剤だと、その不均等がわずかな変動となって患者の症状を酷くするもうひとつの一般的な方法は、1日服用量のうちの1錠を,数週間に渡って減らしていき、最終的にゼロにする方法である。この方法は1週間に1/4毎漸減と同じ問題を引き起こす。ベンゾジアゼピンインフォメーション協議会は何年にも渡って、数千人もの患者からなるサポートグループ団体を観察してきた。結果、このアプローチでは数か月もしくは数年つづく遷延性離脱症状をマシにする要因とはなり得なかった。さらに、服用をスキップすることは、薬物血清レベルのゆっくりと安定した漸減につながらず、より大きい不安定な変動となり、しばしば不必要な苦痛と症状を患者にもたらしてしまう。

     

     

     

    アシュトン法と類似のガイドライン

     

    患者と医師の両方に利用可能な他の選択肢がある。先に述べたように、徐々に減薬するように設計されていない薬剤をテーパリングすることは困難である。アシュトン法では、Valium(ジアゼパム)を使用することを推奨している。なぜなら、ジアゼパムは少ない用量の錠剤があり、より短い作用のベンゾジアゼピンよりも半減期が長いからである。例えば、クロノピン(クロナゼパム)は中程度の半減期だが、入手可能な最小錠剤は0.125mgであり、Xanax(アルプラゾラム)は半減期が短く、最小錠剤は0.25mgである。これらは少用量のように見えるかもしれないが、ジアゼパム換算で考えると、クロノピンの0.125mgはジアゼパム2.5mgであり、ザナックスの0.25mgはバリウム5mgである。アシュトンはまた、2〜4週間ごとに5-10%を超えてテーパリングすることを推奨していない。これは、患者の服用期間およびそれぞれの反応によるが、平均して、テーパリングが少なくとも約10ヶ月以上かかることを意味する。推奨されるガイドラインと同様に重要なのは、患者が減薬にともなう自分の離脱症状の大きさに応じてテーパリングの減薬率やペースを自分で決めることができるようにすることが大切なのだ。症状が重度、またはもはや寝たきり状態になっている場合は、アシュトンによると、症状が治まるまで数週間減薬中断(ステイ)することもある。多くの場合、これにより症状が治まり、患者はテーパリングをまた再開することができる。ベンゾジアゼピン減薬が個々の反応のために予想以上に長くかかることは珍しいことではない。アシュトンによると、ベンゾジアゼピンに長期的に依存している患者が、その退薬に6ヶ月かかるとか18ヶ月(またはそれ以上)かかるとか、等々は問題ではないのである。アシュトンは、長い半減期があるためバリウムを推奨している一方で、その他のガイドラインは離脱症状が認容可能であれば元々のベンゾジアゼピンのまま減薬することを推奨している。なぜなら他のあらゆる新規服薬の場合と同様、副作用のリスクがあるわけで。一部の患者は、ValiumまたはLibriumにうまく反応しなかったりする。長期作用型ベンゾジアゼピンに置換するのに何週間かかかりその分減薬を始めるのが遅れる。これは本人にとっては人生を変えるほどの長い搾費的プロジェクトにおいて、さらに時間を消費するものである。GABA-Aダウンレギュレーションはすでに多数の複雑な症状を引き起こしているため、新規服用薬の副作用なのか、それともただ単に離脱症状なのかを区別するのは困難であろう。考慮すべきその他の問題は、離脱症状を緩和するほかの作用機序薬の使用である。たとえば抗うつ薬、抗痙攣薬、抗ヒスタミン薬および抗精神病薬など。現在、撤退の症状を緩和するためのFDA認可の薬物はない。何千人ものベンゾジアゼピン離脱者を見てきたベンゾジアゼピンインフォメーション協議会の経験では、離脱症状を悪化させると思われる他の薬剤に対して複数の感受性を発達させることを発見した。十分にゆっくりとした、患者主体でのテーパリングペースでなら、通常は追加の薬物療法は必要ではない。

     

     

     

    個々のニーズへの対応

     

    少用量錠がないAtivan、Xanax、Klonopinなどの強力なベンゾジアゼピンから2〜4週間ごとに10%の減少を達成するにはどうすればよい?一部の人にとっては、元のベンゾジアゼピンをValiumに段階的に置き換え、Ashton法のように少量ずつの減薬を行うことでかなり退薬に成功している。より正確な減薬のためにジュエルスケールとカミソリのブレードを使用する人もいる。しかし、これらの一見小さな切れ目でさえ、特に発作障害を有する小児および成人にとって問題となり得る。Valiumはベンゾジアゼピンの半減期が最長であるが、最初の代謝物はほんの数時間後に分解することを覚えておく必要がある。敏感な患者は、その投与量を均等に分割し1日に2〜3回服用すれば恩恵を受ける可能性がある。より短時間作用型のベンゾジアゼピンからテーパリングをする患者は、薬物の半減期に応じて、1日に数回投与することが特に役立つことがある。例えば、クロノピンを服用している患者は、1日3〜4回の投与が有効だが、アティバンを服用している患者は1日4〜5回投与する必要がある。Xanaxであれば、安定した血清レベルを維持するために、1日5〜6回の投与が必要な場合がある。定期的に投与する患者は、1日中ベンゾジアゼピンの中断がないので、重度の「落ち込み(原文:drop)」を経験しないため、ベンゾジアゼピンテーパリングをうまく完了する可能性が高い。これらは、一般に「インタードース(interdose)」離脱と呼ばれる。







    テーパリングストリップ

     

    減薬界の新人Dr.Grootによるテーパリングストリップ。これはオランダで注文することができる。これらのストリップは、アシュトン博士の推薦よりも早いテーパ率を持つことができる。このオプションを使用するなら、安定化ストリップを使用してテーパリングを月最大5-10%まで減速することを推奨する。

     

     

    マイクロテーパー

     

    オンラインサポートコミュニティは、間欠的な離脱症状を避けるために、一日を通して薬物の血中濃度を均等にするのに役立つ「マイクロテーパリング」システムを開発した。マイクロテーパリングは毎日少しずつ少しずつ減薬し、毎月5〜10%の減薬とする方法である。毎日のマイクロ・リダクションは、毎週のより多い減薬が非常に負担な人々にとっては、身体的および精神的な混乱を回避してくれる。減薬をログ付けするのに、通常、日単位の記録が必要。またはスプレッドシートを使用すること。

     マイクロテーパリング



    経口ジアゼパム溶液(RoxaneLaboratories)はマイクロテーパリングにおいて貴重なツールとなり、5mg/5ml(1mg/ml)溶液として入手可能。シリンジを使用して、患者は、例えば、毎日、または3日以上毎に総用量の0.1mg、といった少ない量を測定することができる。(もちろん、どのくらい減少するかは、患者の個々の反応、その開始服用量、および望ましい減少率による).口腔内ジアゼパム溶液に耐えられない、またはジアゼパムに全く耐えられない人のために、患者の服用するベンゾジアゼピンの液体化合物の処方箋を用いることができる。

     

    「OraPlus」またはアーモンド油ベースの化合物などの懸濁媒体は、粉砕された丸剤または大部分のベンゾジアゼピンの原料粉末形態で製造することができる。ほとんどの調合薬剤師はデータベースにアクセスして、特定のベンゾジアゼピンごとに適切な懸濁剤を選択することができる。液体化合物ならば、患者がテーパリングペースをコントロールするのを容易にし、他の方法と比較して、そういった微細な減薬に伴うめんどうな作業を減らしてくれる。ベンゾジアゼピンの化合物懸濁液が決定された場合、国際的な薬剤師の協会(InternationalAcademyofCompoundingPharmacists)またはコンパウンディング・ファーマシューティカルズ・プロフェッショナル・アソシエーション
    (ProfessionalAssociationofCompoundingPharmacists)に関連する配合薬剤師が、彼らの知識とデータベースを使って適切で一貫した配合懸濁液を調製するだろう。

     

    最後に、オンラインサポートコミュニティで「水液体タイトレーション」と呼ばれる方法がある。一部の患者は、懸濁ビークルに対する耐容性および/または配合懸濁液の調製における不一致のような複数の因子のために、混合液に耐性でない場合がある。または、現在服用ベンゾジアゼピンの退薬のためにジアゼパム処方箋をしてくれない、または粉末状処置の処方箋を書いてくれる医者を見つけることが困難な場合がある。こういった苦境に遭った患者は、水や牛乳で自家製のサスペンションを作ることで、自分自身で首尾よく減薬している。錠剤は粉砕されるか、または例えば300mlの液体中でほろほろと崩壊する。1mlをこの液体から取り出して捨て、残りを摂取する。摂取溶液が日に日にどんどん少なくなり、いずれはゼロとなる。この方法は説明を聞くより実際にやってみるとはるかに簡単で、多くの患者がこのやり方で見事に退薬できている。

     

     

    テーパリングストラテジーに関わるさらなる情報やサポートは、サポートグループとビデオで提供されています。

     

    https://www.benzoinfo.com/single-post/2017/10/09/Benzodiazepine-Tapering-Strategies-and-Solutions




    プロフィール

    benzoinfo

    Author:benzoinfo
    【今世紀最大の薬害】推定依存形成者365万人(日本)、1000万人(米国)
    睡眠薬・抗不安薬の減薬はかならず年単位で!

    飲み続けていませんか…? ソラナックス、デバス、レンドルミン、サイレース、ロラゼパム、フルニトラゼパム、アルプラゾラム、メイラックス、etc...

    このブログは、なにも知らずに飲み続けている日本人7百万人のベンゾジアゼピン系おクスリ服用者の方のために、わたしの実体験にもとづいて作りました。

    患者へ向けて

    患者(被害者)のみなさまへ: ベンゾ減薬法や離脱に関連する参考記事です。

    ドクターへ向けて

    ドクターのみなさまへ: ベンゾ離脱のガイドライン、臨床研究、論文に関する記事です。

    メディアに向けて

    メディアのみなさまへ: 処方内ベンゾの被害者事例です。 米国ではほぼ単剤処方ですがそれでもこれほど悲惨なものです。片や日本では数年以上の多剤長期処方が過半を占めます。

    全記事表示リンク