水溶液タイトレーション方法:具体例

    水溶液タイトレーション方法:具体的例


    実際にやってみるとなんだかわからない、というご質問がよくありますので、図を書いて具体例で示します。

    ここでは、100mlの水溶液に対象のベンゾ錠剤を溶かして、35ml(4分の1)にして飲みたいケースとします。





    1.100mlビーカーを2つ用意します。片方をビーカーA、もうひとつをビーカーBとします。ビーカーAに水を100ml入れて、錠剤もしくは粉薬を溶かします。(実際には水には溶けないのでよくかき混ぜてください)。
    水溶液タイトレーション方法




    2.5mlシリンジで、15回ビーカーAからビーカーBに水溶液を移します(5ml × 15 = 75ml)。そうすると75mlがビーカーBに移り、ビーカーAには35ml残ります。
    ビーカーAを飲み、ビーカーBは捨てます。

    水溶液タイトレーション方法




    3.もしくは、
    5mlシリンジで、7回ビーカーAからビーカーBに水溶液を移します(5ml × 7 = 35ml)。そうすると35mlがビーカーBに移ります。
    ビーカーBを飲み、ビーカーAは捨てます。

    水溶液タイトレーション方法3



    どちらでもいいのですが、減薬が進めば飲む量も少なくなっていくので、移した分だけ飲むほうがラクな作業になるのはわかりますでしょうか。










    プロフィール

    benzoinfo

    Author:benzoinfo
    【今世紀最大の薬害】推定依存形成者365万人(日本)、1000万人(米国)
    睡眠薬・抗不安薬の減薬はかならず年単位で!

    飲み続けていませんか…? ソラナックス、デバス、レンドルミン、サイレース、ロラゼパム、フルニトラゼパム、アルプラゾラム、メイラックス、etc...

    このブログは、なにも知らずに飲み続けている日本人7百万人のベンゾジアゼピン系おクスリ服用者の方のために、わたしの実体験にもとづいて作りました。

    患者へ向けて

    患者(被害者)のみなさまへ: ベンゾ減薬法や離脱に関連する参考記事です。

    ドクターへ向けて

    ドクターのみなさまへ: ベンゾ離脱のガイドライン、臨床研究、論文に関する記事です。

    メディアに向けて

    メディアのみなさまへ: 処方内ベンゾの被害者事例です。 米国ではほぼ単剤処方ですがそれでもこれほど悲惨なものです。片や日本では数年以上の多剤長期処方が過半を占めます。

    全記事表示リンク