ベンゾ減薬についてのFAQ

    ベンゾ減薬についてのFAQ


    減薬の相談をいくつか受けてきたなかで、代表的なご質問とわたしなりの答えを掲載します。
    免責事項:ここで申し上げることはすべて身体的依存に陥っている被害者に対してであり、中毒やアディクションの兆候を示す方に対してではありません。 また、あくまでわたしの経験といくつかの相談事例にもとづいた分析調査による私的意見であって、ここで述べられている事柄の実践によって生じた損害、不都合に対する一切の責任を放棄します。 すべて自己判断・自己責任のもとで参考にしてください。




    質問: ジアゼパム(セルシン)への置換に成功した例はほとんどないというウワサを聞いたが…
    回答: たまにそういう意見を耳にします。しかしわたしは増薬分のリボトリール0.5mgを1週間でジアゼパム10mgに置換できました。 「ベンゾ依存に陥った医師による減薬方針:患者を救うベンゾ離脱法10の心得」の記事の著者、クリスティ医師自身も、Xanax(アルプラゾラム、ソラナックス)をジアゼパムに置換のうえ、減薬をすすめています。 確かに置換は簡単ではないですが、そんなにレアケースではないと思います。
    ちなみに、アルプラゾラム(ソラナックス、コンスタン)のジアゼパム換算値は日本では0.8ですが海外ではみんな0.25で行っています。フルニトラゼパム(サイレース)は日本では1ですが海外では0.5, ロラゼパムは同じく1.2 → 0.5です。未確認ですが、置換失敗の理由の一つはこのへんにあるのかもしれません。世界の常識として、ジアゼパム換算値は日本の稲垣式ではなくアシュトン値が使用されている、ということは頭に入れておいていいと思います。






    質問: 主治医に、フルニトラゼパム(サイレース)はアメリカでは所持することも禁止されている麻薬扱いの薬剤で倫理的に処方できない、といわれた。
    回答: たしかにフルニトラゼパムはアメリカでスケジュールⅢに分類され所持しているだけで逮捕されます(他のベンゾはスケジュールⅣ)。しかしニトラゼパム(ベンザリン)と名前が似ていることからも化学式はほぼ同じであり、フルニトラゼパムが特別毒性や依存性が強いというわけではなく、米国でデートレイプに乱用された経緯から規制が格上げされたのです。 その医師の知識を疑います。
    ただ、フルニトラゼパムもリボトリール、ソラナックス、レンドルミンに次いで力価の強いベンゾであり、もっとも離脱困難なベンゾのひとつではあります。



    質問: 断薬後からが勝負、と聞くが・・・
    回答: それはただ単に減薬スピードが早すぎるだけです。 脳のGABA受容体の回復のスピードに合わせて減薬していけば、断薬後もしばらく離脱症状が続くかもしれませんが、さらに症状がキツくなるということはありません。



    質問: ベンゾの減薬にあたって他の精神薬に頼るのはまずいのでしょうか。
    回答: いいえ。 ベンゾ離脱症状緩和に寄与する依存性のない、ベンゾとは作用機序の違う精神薬はあります。 不眠対策にクエチアピン少量(〜25mg)や抗うつ剤のトレドゾン(レスリン)、デジレルなどが有効です。 ベルソムラというオレキシン作動薬の睡眠薬もありますが、離脱症状としての不眠に対抗するには力不足かもしれません。
    クエチアピンはメジャー系薬で統合失調症に使用する薬なので怖い、という意見も聞きます。しかし統失患者は300mgとか500mg/日など3桁服用し、1日700mgまで服用できる薬です。 クエチアピン25mgがいかに微々たるものかわかると思います。 またタイトレーション減薬が進んでベンゾの量が減ってくると、比例してそれらの薬剤の使用量が減っても眠れるようになっていき、結果としてベンゾと同様に漸減していき最終的には必要なくなります。依存形成されないので、降圧剤などと同様、リバウンドを避ける意味でのテーパリングでへらしていけば問題ありません(情報ソースはもなかのさいちゅうのもなか先生、ジャストアンサーの猫山司ドクター、カナダで働く精神科医、ベンゾ依存に陥った福岡の泌尿器医、ドクタークリスティーのガイドライン)。ただし、使用にあたって禁忌(血糖値の高い方)や副作用(太る、過食などがよく聞きます)については主治医によく相談ください。
    不眠以外のベンゾ離脱症状に効果のある薬はありません。
    離脱症状のひとつ、うつ症状対策にSSRIかSNRIをベンゾ減薬前に飲んでおく、という説も有力ですが(真弓式ベンゾ離脱法)、わたし自身はサインバルタ(SNRI)でその効果は認識できませんでした。離脱症状に鬱がないせいかもしれませんが。
    ひとつだけ留意すべきは、ベンゾにもいろいろな薬がありそれぞれ力価や効果の軸足が違うように、メジャー薬もいろいろあるということです。SSRIなどの抗うつ剤についても同様。分類(カテゴリー)だけで問題アリ・ナシの判断は『東大出たらみな安泰』『日本人はみな勤勉』と十把一絡げにするのと同じ、愚かなでラクな発想。
    メジャーならリスペリドンやジプレキサを飲み続けるのは…?。抗うつ剤ならパキシルは避けたほうが…。最弱ベンゾ、セディールで依存する可能性はないのではー…などなどです。
    ※ メジャー薬についてはCP換算値などをご参照ください






    質問: デパスとハルシオンを離脱なく断薬できました。 いまメイラックスを減らしている最中です。 クエチアピン6mg程度を服用しうまく睡眠はとれていますが、日中不安対策のデパス代わりには効果が強くて使いづらいです。 主治医に相談したところ「メイラックスを頓服で使えばいい。ベンゾのすべてが悪いわけでなく、メイラックスは依存しても抜きやすい」と言われました。
    回答: その医師はおそらく半減期が長いからメイラックスは抜きやすい、という見解なのでしょうが、まず日中の不安対策に頓服としてメイラックスを使うのはおかしな話です。 そもそも頓服として短期作用型の薬を服薬しないで済むように開発されたのが超長期作用型のメイラックスです。 そしてメイラックスはベンゾの中でもダントツで半減期が長く、断薬後半年たってから離脱症状が発現した、という報告もあり、 力価もそこそこ強く、やっかいなベンゾのひとつです。
    不安障害への第一選択肢は認知行動療法(CBT)がいいと思いますが、薬物療法を行うのであればSSRI/SNRIというのが一般的です。 いちおうベンゾですが非常に力価の弱いセディール頓服、また効果は微妙ですが試しにバッチフラワーレスキューレメディなどがあります。
    メガビタミン療法でビタミンCとナイアシン(B3)を大量摂取すると良い、とはメガビタミン療法で有名な藤川徳美先生の推奨です。



    質問: お酒はのんでも大丈夫でしょうか。
    回答: ダメです。 ベンゾとアルコールは作用機序が似ていて、どちらもGABA受容体に作用します。 相乗効果があるのです。減薬しながらGABA受容体の回復を狙っているところにアルコールを摂取したら受容体の回復を妨げるだけです。 アシュトンマニュアルでは1日に1杯くらいのワインを許容していますが、もし当時ノンアルコールビールがすでに開発されていたらアシュトン教授はそちらを推奨しているはずです。
    すべてのベンゾ薬の添付文書にもお酒は併用注意になっているはず。 まして依存形成された場合は禁忌と思ったほうがいいです。
    断薬まで完了しても、まだ離脱症状が残っているうちはお酒を控えたほうがいいでしょう。




    質問: 非ベンゾ(アモバン、マイスリー、ルネスタ)について教えて下さい。ベンゾより安全でしょうか。
    回答: 非ベンゾといっても(英語でもanti-benzodiazepineと呼ぶのですが)、作用機序はベンゾと同じです。ただ非ベンゾはGABA受容体のω1(鎮静作用サブタイプ)にのみ作用し、ω2(抗不安作用、抗けいれん作用、筋弛緩作用サブタイプ)には作用しません。つまりベンゾよりも作用範囲が狭いです。 非ベンゾも依存性があり英国国立医療技術評価機構(NICE)は、Z薬(非ベンゾのこと)を優遇する確固たる証拠を発見できなかったとし、王立オーストラリア総合医学会(RACGP)は効果と注意事項について、BZDとZ薬は同じであるとしています。

    ただ、わたし自身の体感と、何人かの相談者やネットでの報告を見ると、あきらかにベンゾよりは“かなり弱いクスリ”であり、身体依存形成されたとしても中程度以下の症状(不眠、ダルさ、イライラなど。 それはそれでキツいかもしれませんが)と数カ月の離脱期間で済んでいるケースがほとんどでした。 アシュトンマニュアルにあるようにZ薬からわざわざ中期間作用型ベンゾに置換すべきではない、というのがわたしの持論ではあります。



    質問:食事など気をつけるべきこと
    回答:特にありません。 とにかくしっかり食べて下さい。 大切なのはやはりタンパク質だと思います。 大豆、乳製品、肉、魚、なんでも食べて下さい。 受容体の再構成にいちばん必要な栄養素です。
    腸内環境はもちろん大事ですが、この手の薬の副作用に多いのが便秘です。 減薬中は便秘薬に頼るのは仕方ないと思います。





    <FAQは逐次追加していきます>








    ベンゾの減薬は年単位で! ! ! !


    英語が分かる方はこちらの書籍を推奨しておきます。



    ベンゾの減薬は年単位で!!! 



    コメント

    Re: はじめまして

    こんにちは。

    いえ、薬で渇望感を感じたことはありません。
    もうやめてますが、お酒とタバコは普通にありましたが。


    > はじめまして
    > セルシンに置換して減薬したところ
    > デパスでは現れなかった、薬を渇望するような離脱症状(まるで麻薬患者です)があり、耐えられなくなり増薬したのですが、管理人さんもセルシンに置換したという事で、同じような症状はありましたか?
    > この渇望の症状がずっと続くとつらいです。

    はじめまして

    はじめまして
    セルシンに置換して減薬したところ
    デパスでは現れなかった、薬を渇望するような離脱症状(まるで麻薬患者です)があり、耐えられなくなり増薬したのですが、管理人さんもセルシンに置換したという事で、同じような症状はありましたか?
    この渇望の症状がずっと続くとつらいです。

    No title

    デパス減薬60日目に入りましたので、ご報告します。

    【減薬状況】
    デパス 1.5mg→0.67mg(1日4回に分けて服用)
    ハルシオン 0.25→0.25

    【体調】
    体調は劇的に回復し、概ね良好
    肩の硬直が2週おきくらいに再発するが、我慢できる程度

    【不眠】
    現在、1日平均2〜4時間(中途覚醒1回)
    絶不眠は2週間に1回程度に減った
    眠れなくて体調を崩すことが無くなった

    【離脱悪化時の対応】
    デパスの服用調整(服用回数と薬の増加など)

    Re: No title

    ありがとうございます。
    ご意見、同感です。
    大豆はそもそも日本では味噌、豆腐、納豆での提供になります。いにしえの日本人の知恵ですね。

    No title

    日本のすべてのサイトで一番ベンゾについて詳しく書かれたサイトだと思います。
    断薬前に出会いたかったです。
    ただ一つ私の経験で言わせてもらえば離脱症状が出て薬の量をもとに戻しても安定しないことがあるのでいいと医者が早いペースを進めても最初から水溶性タイトレートでの減断薬がいいと思います。
    あと大豆は発酵させないと毒性があると聞きますので注意が必要です。

    抗うつ剤

    ベンゾ離脱に補助として抗うつ剤が上がっています。抗うつ剤にしても離脱があります。やる気が起ないけどssriを全て止めています。ベンゾのお世話になり34年。心臓神経症から鬱になりました。介護も絡んで介護歴33年です。乳ガン患者です。体調不良なら寝込んだ方がまだいいと思います。出来る人は、それぞれですが。睡眠は、欠かせないのでヒスタミン剤を利用すると気分が落ち着きます。そわそわしたり、落ち着きが無いときは利用しています。インデラル、トラマドールODのみ補助薬です。一度ssriは抜いたのですが動けず又粉砕して2日1日2回なめたら余計に具合が悪くなりました。人により違いますが、ssri の離脱も半端無いです。サインバルタの離脱も凄かった。薬は、依存性の無いものはない。最初のドクターに言われて、そう思います。薬の感受性が強いので、個人差は有りますが矢張ssri は、オススメしません。離脱は有ります。後はセルシンを半分にしました。辛いけど。ほとんど、寝ています。癌でだるいのか、ベンゾでだるいのか?何がどうなっているのか解らなくなるので、スローペース、スローライフでタイトレーションがいいと思います。

    水溶タイトレーションの2分法について

    水溶タイトレーションは、夜に200ml弱を作って、それを2分し、R1というビフィズス菌飲料の100mlボトルに入れて職場に持参しています。職場で9~10時頃に飲んでいます。これで、5~6時くらいまでは楽です。睡眠障害のためにハルシオンやデパスを長期服用している方はご参考にしてください。

    benzoinfojapanさん、ありがとうございます。
    このまま減薬を続行していきます。

    Re: 劇的に回復

    >Spikeさん

    よかったです。
    デパスの半減期は6時間なので、服用を2回にわけることで、1日をとおしてまんべんなく血中濃度が安定するようになったのでしょうね。

    昼間に服用する分は職場?でのタイトレーションになって作業が面倒かもしれませんが頑張ってください。

    劇的に回復

    benzoinfojapanさん

    ご助言に従い、昨日、デパスの水溶液を2分割し、就寝前と朝に服用するようにしました。

    すると、離脱症状、(特に肩と首の酷いコリ)が劇的に回復しました。また、めまいやふらつきも殆どなくなりました。驚きました。2月から昨日まで続いた肩と首の酷いコリが1日でここまで軽減するとは殆ど期待していなかったので、夢のようです。

    睡眠は、いつもの通り2~3時間ですので就寝前のデパスは睡眠には殆ど関係なかったようで、単に離脱症状をひどくしているだけだったようです。

    また、今まで昼になると離脱症状が酷くなっていたのですが今日は夕方まで殆ど肩凝りはなく、今18時時点で少しコリを感じる程度です。おそらく、ここ2~3年でこんなに調子の良い日はありませんでした。

    また、離脱症状を緩和するために有酸素運動をほぼ毎日行っているのですが、ここ数年で始めて筋肉痛を感じました。また、8年続く耳鳴りも少し軽減されてきている気がします。


    断薬に踏み切ったのはbenzoinfojapanさんのサイト情報を見たのがきっかけです。本当に感謝しています。これからもよろしくお願いいたします。

    No title

    なるほど、一剤ですか。確かにおっしゃる通りですね。まずは、デパスから減薬していきたいと思います。

    今日、通っている精神科に行き、減薬から断薬したいという旨を伝えましたが、減薬については殆ど知識がありませんでした。断薬目的で通院している患者もいるとのことでしたが、殆ど診断らしい診断はしていないようです。アッシュトンマニュアルは存在は知っていましたが、内容は殆ど知らず、まゆつばだと言っていました。減薬に対する指示は全くありませんでした。呆れてものが言えませんでした。

    やはり、今までの記録を残してくださっている先輩方の記録と自分自身の実験で検証しながら進めていくしかないことを改めて痛感させられました。

    Re: No title

    1錠
    ではなくて、
    1剤
    です。

    いまデパスに取り掛かっいるのなら、ハルシオンはまだ手を付けないほうがいいという意味です。わからなくなりますから。

    服用のタイミングは、やってみないとわからないのでおっしゃるとおりにやってみてはいかがでしょうか。
    アイデアは悪くないと思います。

    No title

    コメントありがとうございます。

    「睡眠薬とおっしゃいますが、デパスは抗不安薬、精神安定剤に分類されるベンゾです。

    なるべく、1度に1剤づつの減薬をオススメします。」

    現在、僕は0.5㎎×2を常用しているのですが、0.5㎎はそのまま服用し、0.5㎎を少しづつ減薬していくという意味でしょうか?

    また、もう一つご意見をお伺いしたいのですが、今までの日中の離脱症状を考えてみると、午後、特に夕方からひどくなります。今まで単に、会社で緊張するから、又は疲れるから体調が悪くなるのだと勘違いしていました。これをデパスの離脱症状と捉えると、現在服用している1㎎を寝る前0.5㎎と、起床後~昼までに0.5㎎と服用したほうが血中濃度が安定し、離脱症状が軽減するのではないかと思うのですがどう思われますか?

    ちなみに、「減薬しても睡眠できないこと」は変わらないということはわかったので、デパスを減薬して夜に眠れなくても問題ありません。

    よろしくお願いいたします。

    Re: No title

    睡眠薬とおっしゃいますが、デパスは抗不安薬、精神安定剤に分類されるベンゾです。

    なるべく、1度に1剤づつの減薬をオススメします。

    No title

    ご返答ありがとうございます。

    今まで、睡眠薬で切れた感を感じられなかったというか、その前に増薬、変薬していたのでわからなかったのかもしれません。

    実は、7月28日に0.25mgのハルシオンを半分にし、その結果が単に眠れなかっただけだったので、29日に、ハルシオンを0.25mgに戻し、デパスを故意に1.5mg→1mgと少し多めに減薬してみました。そうすると、ガツンとめまい、頭のグアーングアーン感、肩凝り悪化の離脱症状がでました。ここで、睡眠薬にも離脱症状があるのかと実感しました。睡眠薬の離脱症状は、眠れなくなることだと勘違いしていたのです。

    つまり、離脱症状はデパスの方が強いらしく、今はデパスを毎日0.5%づつbenzoinfoさんの水溶法通りに減薬しています。

    経過は、睡眠や減薬前とほぼ同様、体調は少しだけ改善しています。現在、デパスを既に35%程減薬しているのにも関わらず、減薬前と睡眠の状態は変わらないのです。

    それでは、眠剤はいったい何だったのかと唖然としました。自分の僕は、自分の体調を益々悪くするためにベンゾを飲み続けていたようです。

    Re: ハルシオンとデパスの減薬について

    Re:ハルシオンとデパスの減薬について

    どちらが先がいいか?それはさすがにわかりません。
    もしわたしならハルシオンから、にするかもしれませんが・・・
    理由は、ハルシオンは超短期作用なので、毎夜飲んでるのなら、毎朝離脱状態にあるということです。

    ですから、あなたの場合、毎朝切れた感、それにともなう不快症状がないのであれば、ハルシオンには障害形成(依存形成)されていないと“推測”できます。

    そうするとまずハルシオンをさくっと無くせるということになります。

    もちろん、ハルシオンをやめたあと、おかしな症状がどんどん出たらすぐに再服薬する、という大前提です。

    いずれにせよ、どちらも障害形成されていた場合は年単位でタイトレーションで減薬を行う。
    これは絶対に守ってください。

    ハルシオンとデパスの減薬について

    不眠症のために、色々な眠剤、向精神薬を使わされて8年間経ちました。現在、ハルシオン0.25㎎、デパス1.5㎎を常用ですが、それでも2~3年は、1日2時間程度しか眠れていません。悪化していく症状に疲弊しきった先週、断薬という道があるのを初めて知りました。眠れなくても、先に光があるのならと断薬を決意しました。

    ハルシオン、デパスの2種類の睡眠薬を使っている場合、どちらの睡眠薬から断薬すればよいのでしょうか?もし、情報をお持ちでしたらご教示頂ければ幸いです。

    No title

    残念ながら、英語だめなんです。
    入り口で挫折しました。
    辞書を引きながらでも、うまく伝えられそうにないです。

    30年でも断薬できたかたがいる、ということでしょうか。
    35年のかたが、アメブロにいらっしゃいました。

    減薬中とのこと。うまくいくよう、祈っています。
    ありがとうございました。

    Re:超長期服用者

    麗子さん

    コメントありがとうございます。

    たしかに日本ではたんなる日記でしかない減薬ブログしかなく、服薬期間、減薬方法、減薬期間、回復状況まできちんと公開しているものは少ないですね。

    英語がわかればBenzo Buddiesという世界最大の掲示板がありまして、詳細まで書いて投稿する方が多く、中には30年服薬していた方とかいました。
    あまりに巨大なのでとても網羅できませんがもっとすごい服薬経験の回復者とかいるかもです。

    http://www.benzobuddies.org/forum/index.php


    もうしわけありませんが、当方まだ減薬中のためご相談は受け付けていません。

    ジャストアンサーの猫山司ドクター
    不安障害とわたし さん
    などが電話でのカウンセリングを受け付けています。

    ご利用なさってみてください。

    超長期服用者

    はじめまして。ベンゾを長期服用しています。現在、水溶液減薬をはじめています。

    日本では減断薬サイト・書籍もほとんどなく、アシュトンマニュアルでは速すぎるので、成功者のブログに頼って減断薬している方が多いのではないかと思われます。
    ですので、経験談も限られています。

    何年飲んだら断薬は無理、というような情報がありましたらおしえていただきたいと思います。
    逆に、こんなに長く飲んだ人でも水溶液減薬で断薬できたという情報もお持ちでしたら、お教えくださいますでしょうか。

    当方、断薬後再服用しております。
    個人的に伺いたいこともあります。
    このコメントは公開し、直接お返事いただけるようでしたら、メールアドレスを記載し、コメントしたいと思います。

    よろしくお願いいたします。

    No title

    私も眠剤の置換はベンザリンが良いかと思います。
    そこそこの効目があって、半減期もそこそこ長く、2mg錠と5mg錠があるので削って目的の量を得やすく、ジアゼパム換算がジアゼパムと等価なので計算がしやすいです。(ただし、服用から効果を実感するまでに数時間がかかります)

    私の場合ですが、フルニトラゼパムを減薬していくと、0.25mg(1mgの1/4錠)あたりで壁にぶつかるので、そのタイミングでベンザリンに置き換えるのが良かったと考えています。(私は、主治医が休みでたまたま代わりにいた他の医師にベンザリンを否定されてジアゼパムをだされてしまい、実現しませんでしたが。。。その結果、無駄に多くのジアゼパムが必要になって結局無駄に遠回りしました)今でも、「あそこはベンザリンだった」と思っています。

    Re: 色々と

    じょーちゃんさん

    コメントありがとうございます。

    断薬経験者のお言葉非常に貴重です。だいたい頷いていただける内容で良かったと胸をなでおろしています。

    睡眠薬のジアゼパムへの置換はたしかに聞いたことがないですね。個人的にはベンザリン(ニトラゼパム)5mgが効いた経験があるので、レキソタン、エバミール、フルニト依存者の置換にベンザリンを試してみたいとは思っています。
    ジアゼパムほどは半減期は長くないですが、そこそこですし。

    精神論者はジワリジワリと居場所をなくしていっていくと思います。
    少なくとも米国の無数にあるサポートグループでそういう発言をしても無視か削除されるでしょう。

    色々と

    こんにちは

    FAQの回答ですが、自分のベンゾ減断薬経験に照らしてうなづくことが多いです。

    私はジアゼパム換算40mg超のベンゾを、約2年かけて、リフレックス、テトラミド、トラゾドンなど(どれか一種類)を併用しながら減薬し、ベンゾ断薬後1年3か月経過しているものですが、経過はまずまず良好、断薬はソフトランディングだったと思っています。

    ジアゼパム置換は、私もソラナックス、ワイパックスをジアゼパムに置換して漸減し、断薬に持ち込みました。精神安定剤のジアゼパム置換はそれなりにOKと思います。ただ、睡眠剤の置換はあまりお勧めしません。置き換えで同じような効果を得ようとすれば、ジアゼパム換算でかなり多めのジアゼパムが必要になってしまうからです。(あくまでも私の経験での話です)
    断薬後が勝負、に関して、私の体感からしても、おっしゃる通りです。時間をかけて漸減したので離脱症状の揺り戻しがあっても、断薬以前を上回ることはありません。

    減断薬に精神論をぶつ人がままいますが、精神論は不要と思います。基本的に必要なのは、科学的に筋の通った減断薬の技術と思います

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    benzoinfo

    Author:benzoinfo
    【今世紀最大の薬害】推定依存形成者365万人(日本)、1000万人(米国)
    睡眠薬・抗不安薬の減薬はかならず年単位で!

    飲み続けていませんか…? ソラナックス、デバス、レンドルミン、サイレース、ロラゼパム、フルニトラゼパム、アルプラゾラム、メイラックス、etc...

    このブログは、なにも知らずに飲み続けている日本人7百万人のベンゾジアゼピン系おクスリ服用者の方のために、わたしの実体験にもとづいて作りました。

    患者へ向けて

    患者(被害者)のみなさまへ: ベンゾ減薬法や離脱に関連する参考記事です。

    ドクターへ向けて

    ドクターのみなさまへ: ベンゾ離脱のガイドライン、臨床研究、論文に関する記事です。

    メディアに向けて

    メディアのみなさまへ: 処方内ベンゾの被害者事例です。 米国ではほぼ単剤処方ですがそれでもこれほど悲惨なものです。片や日本では数年以上の多剤長期処方が過半を占めます。

    全記事表示リンク