ベンゾ減薬についてのFAQ

    ベンゾ減薬についてのFAQ 減薬の相談をいくつか受けてきたなかで、代表的なご質問とわたしなりの答えを掲載します。免責事項:ここで申し上げることはすべて身体的依存に陥っている被害者に対してであり、中毒やアディクションの兆候を示す方に対してではありません。 また、あくまでわたしの経験といくつかの相談事例にもとづいた分析調査による私的意見であって、ここで述べられている事柄の実践によって生じた損害、不都合に対...

    続きを読む

    ベンゾジアゼピン依存症におけるフルオロキノロン系抗菌薬のリスク

    ベンゾジアゼピン依存症におけるフルオロキノロン系抗菌薬のリスクby ブラッド・ヴェレット 2017年10月12日HIDDEN DANGERS OF FLUOROQUINOLONE ANTIBIOTICS IN THE BENZODIAZEPINE-DEPENDENT POPULATIONby Brad Verret | Oct 12, 2017副鼻腔感染症であろうと気管支炎であろうと、ほとんどの人は人生で何度か抗生物質を服用します。抗生物質は時に命を救いますが、他のあらゆる薬と同様にリスクを伴います。特に、フルオロキノロン...

    続きを読む

    プロフィール

    benzoinfo

    Author:benzoinfo
    【今世紀最大の薬害】推定依存形成者365万人(日本)、1000万人(米国)
    睡眠薬・抗不安薬の減薬はかならず年単位で!

    飲み続けていませんか…? ソラナックス、デバス、レンドルミン、サイレース、ロラゼパム、フルニトラゼパム、アルプラゾラム、メイラックス、etc...

    このブログは、なにも知らずに飲み続けている日本人7百万人のベンゾジアゼピン系おクスリ服用者の方のために、わたしの実体験にもとづいて作りました。

    患者へ向けて

    患者(被害者)のみなさまへ: ベンゾ減薬法や離脱に関連する参考記事です。

    ドクターへ向けて

    ドクターのみなさまへ: ベンゾ離脱のガイドライン、臨床研究、論文に関する記事です。

    メディアに向けて

    メディアのみなさまへ: 処方内ベンゾの被害者事例です。 米国ではほぼ単剤処方ですがそれでもこれほど悲惨なものです。片や日本では数年以上の多剤長期処方が過半を占めます。

    全記事表示リンク